絹の舞基礎化粧品 of shizen.biz



HOME > 絹の舞基礎化粧品

絹の舞基礎化粧品

安全性を第一に考えています。
肌を傷める有害物質といわれる合成香料、合成色素、乳化剤、鉱物油、アルコールなどは、一切使用せず安全性を重視しています。

美しい美肌づくりは自然の素材から

絹の舞化粧品は、こだわり派のあなたもきっとご満足いただけます。一般の化粧品は多種類の商品があり、使用法も複雑ですが、絹の舞化粧品は使用法が至ってシンプル。簡単な3ステップでスキンケアができます。

スクリーンショット(2010-08-21 12.57.16).png手のひらに適量を取り、水かぬるま湯でよく泡立ててから顔全体を包み込むように洗顔してください。メイクされているときは適量をコットンに取り、泡立てずに液状クレンジングとしてメイクをやさしくふきとり、さらに適量を手のひらに取り泡立てて洗顔すると効果てきです。(W洗顔)

スクリーンショット(2010-08-21 12.58.04).png洗顔後、手のひらに適量を取りパッティングするように首筋からお顔までまんべんなくお使いください。


スクリーンショット(2010-08-21 12.58.55).pngポンプを2〜3回プッシュし手のひらにとり顔全体にやさしくなじませてください。メイクするときは、クリスタルジェルをつけた後2〜3分してお肌によくなじんでから、その上に直接つけてください。またパック・ナイト用としてのご使用もお勧めします。

スクリーンショット(2010-08-21 12.44.49).png
スクリーンショット(2010-08-21 12.47.53).png

シルクエキス
シルクゲンGパウダーとよばれるもので、絹から抽出された乳白色の粉末です。それを、ソルブル化されたものが、「シルクゲンGソルブル」で、絹プロテインを主体とした蛋白質成分から成っており、そのアミノ酸組成は人皮膚のアミノ酸組成と非常によく似ています。とくに、繭から絹糸を作る際に副産物として出てくる「セリシン」という蛋白質がアトピー性皮膚炎の原因となる活性化酸素を抑える作用 (抗酸化能力) があります。
皮膚や毛髪に対して、湿潤性・柔軟性 (水分保持作用) が強く、皮膚を保護します。
このようにモイスチャーライジング効果が高いので、肌をきめ細かに引き締め、しっとりとした艶が得られます。 (絹の光沢)
茸エキス
茸の乾燥物から1・3BG等で抽出して得られるエキスです。ビタミンD駆体の一つのエルゴステロールの含量が多く、香りの本体はレンチオニンです。また、多糖類であるB-Dグルカンを含んでいます。僅かに特異な匂いがありますが、化粧品に配合した場合は保湿効果・美肌効果があります。
ソウハクヒエキス
桑の根・皮・葉から抽出したもので、淡黄褐色の透明液体。成分としてフラボノイドを含んでおり、美肌のほかにかゆみ防止など消炎効果もあり、メラニン生成抑制効果が高い。 (抑制効率50%)
高純度オレイン酸
天然油脂中にグリセリドとして広く存在しています。常温で油状の長鎖脂肪酸。皮膚に対する柔軟性・浸透性に優れた植物性天然洗浄成分である純度は、99.9%の高純度です。
シコンエキス
ムラサキ科のムラサキの根を乾燥して、パルミチン酸イソプロビルなどで抽出した褐色~暗赤紫色の液体です。主成分は、ナフトキノン誘導体で、古くから民間薬として用いられ、火傷・切り傷・ひびなどに効果があります。また、殺菌・皮膚再生作用・消炎効果もあります。紫色の天然色素として化粧品に用いられることも多くあります。
オオバクエキス
キハダ (オオバク) または、その同族植物から、周皮を除いて樹皮から抽出した黄色~褐色の液体です。主成分はアルカロイドです。古くから生薬として胃腸機能促進作用・抗炎症・殺菌作用に用いられてきました。化粧品としては、抗菌・抗炎症・創傷治癒促進作用剤として応用されています。